テレビ局で人材派遣として働くメリット 派遣社員と正社員の違い 日テレ・TBSの報道番組で働くならテックスタッフへ

近年、正社員での雇用が難しいといった企業側の事情や人材派遣会社の普及により、人材派遣として働く人も増えてきました。

メディア業界やマスコミ業界も例外ではなく、人材派遣として働いている人も多く存在します。

そこで今回は、テレビ局で人材派遣として働くメリットや正社員との違いをご紹介します。人材派遣として日テレ・TBSの報道番組で働きたい方は、ぜひ参考にしてください。

テレビ局で人材派遣として働くメリットとは?

現代社会では、テレビ局やマスコミ業界においても新卒の採用枠も限られており、簡単に直接雇用の正社員になることは難しくなってきています。

しかし、人材派遣であればテレビ局やマスコミ業界へ、人材派遣として斡旋しているところも多く、華やかな世界で働くことも夢ではありません。

また、マスコミ業界は情報の宝庫でもあるため、最新情報が働きながら得ることができます。特に特殊な業界であればあるほど、実務経験が重要になってくるため、下積み時代の経験も無駄にはなりません。多くの実務経験を生かし、マスコミ業界で活躍できる場を増やせる可能性もあります。

また、情報伝達をする立場としても、表現力や文章力といった自分自身の力を磨くこともできるのです。

テレビ局で働く場合の派遣と正社員の違いとは?

取材するたくさんのビデオカメラ

テレビ局の派遣と正社員はどのような違いがあるのかを説明していきます。

就職率の違い

正社員の場合は、高学歴という条件に加えて高倍率を突破しなければなりません。人材派遣であれば、学歴・経験不問のところも多くあります。

働き方の違い

派遣と正社員では働き方も違います。テレビ局に就職したとしても、正社員の場合はどこに配属されるか未定で、必ずしも制作に携われるとは限りません。しかし、派遣の場合は希望の職種を扱う人材派遣会社に応募すれば、ほとんどの場合、その職種に就くことができます。

自由度の違い

正社員であれば、会社の辞令で移動や担当を変わることもあります。派遣の場合であれば融通が利く点が多く、自由度が高いといえます。

このようにテレビ局で働く場合は、実は人材派遣として働く方が多くのメリットがあります。

派遣社員でもディレクターやプロデューサーにもなることができる!

人材派遣でテレビ局に勤務しても、結局はディレクターやプロデューサーになれないのでは?と不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

テレビ番組の制作会社では、数字をとても大切にしている業界です。

すなわち、数字を取って実績がある人間はどんどん昇格できるといった仕組みになっているのです。

そのため、派遣としてアシスタントディレクターになった場合でも、日頃の活躍が認められることができれば、ディレクターに昇格することも当然あり、実例も多く存在しています。

日テレ・TBSの報道・情報番組で働くなら人材派遣会社のテックスタッフへ

正面を向いた書類を持つ女性

ここまでテレビ局の派遣で働くことのメリットや正社員との違いを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

意外と想像していたよりもメリットが多いことに気づけたと思います。

番組制作に興味があるけど学歴がない、経験がないという方は、テレビ局の派遣として働くことをおすすめします。

日テレ・TBSの報道・情報番組で働きたい方は、人材派遣会社のテックスタッフへご応募ください。入社された方は全員、テックスタッフの正社員雇用となり、その上で日テレ・TBSなどのテレビ局内への派遣となります。登録型とは違い、雇用期間というものがありません。正社員として無期雇用となりますので、安心して業務に携わっていただくことができます。日テレ・TBSの報道・情報番組での仕事に興味のある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

テレビ局の人材派遣といえば「テックスタッフ」

会社名 株式会社テックスタッフ
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋5丁目12-6 ヴェルディ新橋2F
TEL 03-6809-2851
FAX 03-6809-2852
URL https://tecstaff.co.jp/
PAGE TOP